人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

アメリカ コラム ダイエット ビューティー 健康

「実録」トウシューズで足を細くできるか?1 メタボリックエイジがギョエ〜!

更新日:

この無謀な試みに至った経緯について書きます

 

スポンサーリンク

 

 

アラフォーですけど何か?

 

ずっとずっとバレエの世界に憧れてました。

 

なんて美しいんだろう、と。

 

女子校育ちの私は、中学時代にお姉様方の演じた「ウェストサイドストーリー」に魅せられ、足をいかに高く上げれるかを友人と競い、高校時代には宝塚にハマり、とうとうバレエスクールにまで通う始末。

 

でもでも、そんな高校から始めたバレエでトウシューズなんて夢のまた夢。

 

そもそもが扁平足のわたくし・・・。

 

ルルベで立つのだっておぼつかない。

 

しかも、あんなに足上げしてたのに、超がつくほど硬い体。

 

バレエ向きでないことは分かってましたよ。

 

だって、幼稚園の頃、バレエスクール通ってた時「こんなに体の硬い子供っているのねぇ」と先生に驚かれましたから。

 

私は「吸引」で産まれたから、どうせ体のどっかが歪んでるに違いない、これじゃ体だって柔らかくならない。

 

と思い込み、整体に貢ぐこと「計算できないほどの額」ざんす。

 

OLやって、ジャズダンスに通い(バレエは高嶺の花なので)、体硬いのにモダンバレエやってみたり、整体通ったり、下手の横好きとはわたくし。。。

 

お給料の半分くらいをアートにつぎ込んだわたくし。

 

ニューヨークまで留学してしまったわたくし。

 

わたくし、気づいたら、

 

アラフォーでした。

 

それが何か?

 

メタボリックエイジ、42!!!

まぁ、でも、人生バレエだけじゃなし、それなりに楽しく生きてきたのであります。

 

ただ、最近、何となくお肉が付きがちなことも知ってました。

 

でも、実はバセドウ病だったから、今まで痩せてたんだもん。

 

それがお薬飲み始めたら、50キロから58キロ(いや60キロいってたかも知れない)に増加してた。

 

わたくし、身長168センチほどあります(アメリカだと適当なんで170センチと言われることも)。

 

だから、まぁ、標準体重といえば標準なんです。

 

でも、さすがにそろそろ体重管理しようと思って買ったのが、こちら。

 

 

アメリカのアマゾンで買いましたが、30ドルちょいで、体脂肪や骨の重量、BMIや基礎代謝カロリーなど、いろんな情報が見れる。

 

しかもスマホでデータ管理できるので、1週間や1ヶ月、いや1年などのチャートが見られ、なかなか便利です。

 

で、いろんな情報を楽しく見てたら、最後の最後に、「メタボリックエイジ」が。

 

42

 

年齢に相応しいじゃない、・・・じゃないんです。

 

理想のメタボリックエイジは、実年齢の2/3なんだそう。

 

って、ことは理想じゃないじゃん。

 

つーか、42なんて、健康云々じゃなくても理想じゃないよ。

 

なんだよー!

 

しかも、筋肉量も標準以下だ。。。

 

気づいたら、単なるダメなアラフォーになってた。

 

そこでトウシューズ?

わたくし、ひそかにマイトウシューズ、持ってました。

 

履く、履かないに関わらず、バレエショップで自分の足に合ったものを恥ずかしながら買いました。

 

分かります? バレエショップの店員さん、「どこでバレエを?」とか「トウシューズは初めて?」とか、いろいろ聞かれて恥ずかしい気持ち、ええ、完全に独学です。

 

悪気がないのは分かってるんですが、試し履きなどもあり、子供のバレリーナから不思議な眼差しで見られる中、心を鬼にして幾つか試して買いました。

 

買いましたけど、履いてみましたけど、・・・足の指がもげるかと思いました。

 

とりあえず、捻挫だけはしないように気をつけながら履きました。

 

ええ、ルルベがまともできないわたくし、甲が出る訳もなく、立てずじまいで撃沈です。

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

足指健康法を実践していた

そんなわたくし、バセドウ病になった時、あまりに脈拍が早いので、自律神経失調症かと思いググっていたら、笠原先生という方が「足指健康法」をHPに上げていらっしゃいました。

 

何となく気になって、足指が床に付くようにテーピングしたり、足裏を鍛えたりしていました。

 

そのうち、脚を180度に開脚することが健康に良い、という情報にも触れ、ここ1年弱、開脚ストレッチなども地味にやっておりました。

 

何と言っても、バセドウがあるから、そんなに激しく体を動かせないので、ストレッチに邁進しておりました。

 

ストレッチのおかげで、結構、体も柔らかくなってきました。

 

同時に、整体に行っても全然効果のなかった体の歪みも、徐々に取れてきました。

 

からの、トウシューズ!

 

足の甲もわずかながら、出るようになってきました。

 

いざ、履いてみた

やっぱ、立てません。

 

立てたとしても、膝が90度くらい曲がってます。

 

腰が悪くなりそうです。

 

トウシューズの中にはシリコンでできたトウパッドなども履いてますが、それでも、親指に全体重が乗る訳で、指がいたい・・・。

 

いろんなバレエのドキュメンタリーをアマゾンプライムで無料視聴してたら、ふーむ、「トウシューズを履く前に、指で(トウシューズの)硬い部分を少し柔らかくして上げると良いわよ」という先生のアドバイスが!

 

やってみると、確かに少しだけ立ちやすい。。。

 

また、リボンの付け方が前過ぎて、イマイチ足首が痛いので、思い切って引きちぎってやりました。

 

とても危険であることは重々承知ですが、今のわたくしには、まず立つことが重要なんです。

 

お断りしておきますが、わたくしはバレリーナになりたいのではなく、足を細くしたいだけです。

 

ちなみにトウシューズ姿を写真に撮ってみましたが、お見せできません。

 

次回のコラムまでに、何とか勇気を溜めておきますね。

 

こちらはプロの方の写真、白鳥の湖です。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

スポンサーリンク

-アメリカ, コラム, ダイエット, ビューティー, 健康

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.