人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

テレビ・映画など 海外ドラマ 英語

レッドオークス アマゾン海外ドラマ

更新日:

アマゾン海外ドラマ

レッドオークス(Red Oaks)

このドラマ、かなり面白いです! 最初から最後まで面白いです。

スポンサーリンク

舞台はニュージャージー、時代は80年代

NYU(ニューヨーク大学)に通う主人公ディビッドが、新学期からマンハッタンで一人暮らしできるよう、夏休みにニュージャージー(ニューヨーク州の隣、マンハッタンまで通勤、通学できる)のカントリークラブでバイトをします。ディビッドはテニスのコーチとして働くのですが、シュッとしてない感じが良いんです。キャストが秀逸で、上司のナッシュもダラダラ仕事してるのがアメリカのリアルだったり、恋人のカレンも80年代って感じの女の子、クラブオーナーのゲティも「アメリカ白人いるいる」の中の典型的な金持ち白人です。友人のウィーラーも雰囲気ばっちりだし、ディビッドの両親も良いキャラクターです。とにかく、アメリカの白人社会を知りたければ、「レッドオークス」を見たら「ふーん」と思うでしょう。ただ、日本人が思い描いている白人像とは違うかも知れません。そして、ここに出てくるキャストは今のアメリカにもたっくさんいます。

カントリークラブとは

カントリークラブは、歌詞の中やドラマに登場したりしますが、日本にあるカントリークラブとはちょっと違います。日本と似ているのは、スポーツ施設(ゴルフ場、プール、テニスコート)やレストラン、バンケットルームなどが併設されている会員制のクラブなのですが、アメリカのカントリークラブと言えば「白人の金持ちのためにある郊外にある社交場」です。今でこそ少しずつ変わってきてますが、ひと昔前は有色人種はもちろん、ユダヤ人ですら会員になれなかったそうです。そういえば、映画「ダーティダンシング」もカントリークラブが舞台になってますが、白人ばかりの感じが典型的です。

 

製作指揮は、スティーブン・ソダーバーグ

スティーブン・ソダーバーグは高校生の時からから16ミリのビデオを撮り始め、大学には進学せずハリウッドでエディターを経験した後、1985年にロックバンド「Yes」のコンサートビデオ「9012Live」を監督して、それがグラミーを受賞しました。その後もカンヌパルムドールを受賞したり、アカデミー賞では「エリン・ブロコビッチ」と「トラフィック」でダブルノミネートされ、「トラフィック」で受賞してます。その後「オーシャンズ11」や「マジック・マイク」などを作っている人です。この「レッドオークス」はシーズン1もシーズン2も10本立てですが、無駄な部分がなく、脚本も演出もシンプル&フォーカスで面白いのにホロッと感動してしまうようなドラマもあります。1本が30分なので、ダラダラ感なくサクサクとテンポ良く進んでいくのも良いですね。英語を勉強している方にも若者の会話や白人ジョークなどが取り混ぜてあるのでお勧めです。

 

スポンサーリンク

-テレビ・映画など, 海外ドラマ, 英語

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.