人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

テレビ・映画など 生活

ホンマでっかTVストレス解消のやり方5月17日 美肌のクッキング メンタル強化法 脂肪が女性ホルモンを出す?

更新日:

ストレスって厄介ですよね〜

スポンサーリンク

ストレス解消法とメンタル強化法

MAURI66 / Pixabay

 

唾液の中のコルチゾール(ストレスが掛かると分泌される)の量で

満員電車に乗る vs スマホがつながらない

どっちがストレスが高いか調べると、

スマホがつながらない方が2倍もストレスが高い!

満員電車に乗る vs 戦闘態勢のパイロット

を比較すると、満員電車の方がストレスが高い!

 

コントロールできない状況でストレス値が上がる

上記の実験でも示されるように、自分でどうにかなる余地があると感じていればストレスが低く抑えられることが分かりました。

 

会社務めで電話に出るのがストレス

若者のほとんどがSNS中心の生活を送っているため、電話に出ることにストレスを感じてる若者が多いそう。

そんな若者のストレス解消法が、

Siriに悪口を言うこと

相手がロボットなので、口汚く罵っても大丈夫、らしいです。

 

人を相手にする職業で感情が麻痺する?!

保育士や学校の先生、営業など、人を相手にする職業に就くと

ストレスで感情が麻痺

してしまうことがあるそうです。

相手が子供だったりすると尚更厳しく、受け流すこともできず、ストレスや精神的な負担は相当高くなってしまうそうです。

 

自衛隊員のメンタルを鍛えるには?

merdanata / Pixabay

自衛隊の中には、

精神科医 50人

臨床心理士 200人

カウンセラー 2000人

を雇ってるそうですが、やはり自衛隊員はメンタルが強くないと大変そう。

そこで、ドラえもんの逸話が使われる。

のび太がドラえもんに未来に帰ってもらうよう「心配ないよ」をアピールする話があるそうです(第6巻)。

そこで、ジャイアンに決闘を申し込みます。

のび太:ボコボコにされる、けど、諦めない

結果として、ジャイアンが逃げて行くからのび太が勝つ。

ボコボコにされるけど、忍耐強ければ、最後は勝てる 

の法則を学んでもらうようです。

 

弱音を吐くとストレス耐性上がる?!

様々な国のデータで、

男性<女性はストレスに強いことが判明しています。

男性がストレスに弱い理由が、脳や行動、身体的な原因ではなく、

喋る量が少ないこと

によって差が生まれていることが分かりました。

 

とにかく、辛いことや耐えられないようなことがあったら、

とにかく話す

ことによって、メンタルがぶっ壊れるのを守ることが出来るようです。

特に男の人は弱さを見せたくない、と心に溜めてしまいがちですが、

意見を聞く、みたいな感じでメンタルを守ったらいかがでしょうか?

 

ガンになってもグチってると生存率高まる

不満や不幸な想いを心に溜め込むと、体もやられてしまいます。

(ストレスを溜めると、細胞を傷つける活性酸素が止まらなくなる)

ガンになってからでも遅くないようなので、溜めずに吐き出すことを学習した方が得なようですよ!

グチって書くと、マイナスイメージ強いですが、心の平和が体の平和でもあるので、吐き出し方を学ぶと良いみたいです。

 

SNSでグチってもストレス解消できる!

別に愚痴る相手がいなくても、SNSでグチってもストレス解消につながるそうです。

グチられる方はストレスが溜まるそうなので、誰かがグチってても「受け流しましょう」。

なお、SNSも自分しか見れないアカウントでグチることもストレス解消されるそうです。

その場合、

1日15分、3日間だけ、ただひたすら、嫌な感情や嫌いな上司、人、物、なんでも良いので、とにかく吐き出し続ける

これで1週間もやれば、大体気持ちが落ち着いてくるそうです。

SNSじゃなくても、ノートに書いていくことも効果あると思います。

 

嫌われたと思ったら?

Alexas_Fotos / Pixabay

人からキツイ言葉をかけられたり、嫌な態度を取られた時、

その人はたまたま別の原因でイライラしていただけだ

と思うと、心の負担が軽減されるそうです。

例えば、上司から日頃よりもキツイお叱りを受けたら、

「ああ、上司は昨日、夫婦ゲンカしてイライラしてるんだ」とか

「来てる服がダサくて、イラついてるんだ」とか

何でも良いので、自分に八つ当たりしてくるのは、自分の責任だけでなく、上司のメンタル自体に問題があるんだ、と思うと、

とんでもなく落ち込まずに済むそうです。

まぁ、でも、そうやって反省せずにいて、突然クビになるのも困るので、適度に自分の仕事ぶりも振り返ってみましょう。

 

ストレス耐性は遺伝と生活環境によって差が出る

そもそも、ストレス耐性は遺伝するそうです。

親のストレス耐性を見て、自分が強いか弱いか判断してみましょう。

子供の時、肯定的に育ってるとストレス耐性が上がる

子供の時に、親からのスキンシップが多かったり、可愛がられたりした人は、ストレス耐性があがるようです。

まぁ、親からの愛情や信頼があることは自信につながります。

自信があれば、ちょっとやそっとじゃ負けない気持ちが生まれます。

なので、子供がいる方は「子供の頃に愛情表現してあげましょう」。

 

強そうなポーズ、大きな声でストレス軽減

Counselling / Pixabay

強そう、偉そうなポーズをとったり、大きな声を出すことによってストレスが軽減するそう。

「脳をだますやり方」ですね。

でも、会社でヘイコラしてる旦那が、家で亭主関白な態度を取ってメンタルのバランス取ってたら奥さんは辛いかも・・・。

相手なしで効果が発揮されるようなので、是非、お一人様でやってください。

2分くらいで効果が出るそうです。

 

母と娘が会話するのはヨロしい

母と娘が会話したり、電話で話したりすることで、ストレスが軽減するそうです。

女同士というのもあるし、母親の声そのものに効果があるようです。

だとしたら、息子にも効果がありそうですけど・・・。

まぁ、実験自体を母娘でやったそうなので、こういう結果になってます。

 

前線から後方部隊に回る理由は自信喪失が原因

軍隊で、前線にいた人が後方部隊に回る1/6〜1/3の原因はメンタルによるものだそう。

その中でも、怖いなどの恐れではなく「自信を失くす」ことが主な原因になるとのこと。

ベトナム戦争でも、

戦死者数<帰国後の自殺者数

だったそうで「自分が何のために、なぜそうした」という根幹が揺らぐことが、メンタルヘルスに負の影響を与えるそう。

 

社会的な地位が低くなるとストレス耐性も低くなる

社会的地位の高い人の方が、基本的にストレス耐性が高いそう。

(そうでしょう、自信もあるしお金もあるでしょうから)

実験では、NK細胞の活性度を、実際に比較したところ、上記のような結果が出たとのこと。

 

9才でデブと言われると19才でもデブのまま

子供の時に言われたことが、成長しても「そのことを引きづる」ケースがあるそう。

そこで、「女ホンコン」と言われる尼神インターの誠子さんの話題に。

女芸人として(ブサイクいじりで)可愛がられても、女性としてのメンタルは下がる。

女子アナの楽しそうにしてる姿見ると頭にきてしまうそう。

そこで「女ホンコン」改め、「レディ・ホンコン」は?と提案されてました。

「レディ・ガガ」を意識できたら、ちょっとはマシなのかなぁ?

 

若い世代のストレス解消は?

嫌いな人に変なあだ名を付けて、憂さを晴らすことらしいです。

(多分SNSを使って)

コレって、昭和世代もやってましたよね?

嫌いな先生とかに変なあだ名付けるの・・・。

 

美肌のクッキング

AdinaVoicu / Pixabay

鶏胸肉のサラダ

蒸し大豆のスープ

パン

この3点セットが作られました。

レシピはこちらから。

 

美肌の男性は人生充実?

美肌の男性は、人生が充実してるそうです。

女性からも美肌の方が好かれますし、実際の調査でも出世が早かったりするそうです。

他番組でブラックマヨネーズの2人に「生まれ変わったらどっちになりたい?」と質問されたところ、

ふたりとも、

「小杉さん」

と答えたそう。薄毛より美肌なんですね。

 

節約美肌術

卵を割ったときに、中の薄皮を小鼻に付けておくと、毛穴の黒ずみがきれいになるそう。

料理中、貼り付けておくと良いそうですが、どうなんでしょう?

パリパリになったら剥がすと言ってましたが、剥がすときに皮膚を痛めそうですね。

でも、卵の薄皮自体は効きそうです。。。

やり方なのかな?

ちなみに、半身浴する時に、効果を増大させたいなら傘をさす、と言うのもありました。

 

脂肪が女性ホルモンを出している

少し脂肪がついている方が、女性ホルモンが出るそうです。

あまり痩せ過ぎてしまうと、女性ホルモンが低下し肌の肌理が荒くなったり、頭髪が薄くなったりするそう。

小杉さんは、痩せたらもっと薄毛になっちゃうね、とイジられてました。

 

ストレスと肌は関係してる?

受精卵の時に、ストレス(神経系)と皮膚が出来る分野が同じだそう。

だから、皮膚は見える脳と言われてるそうで、ストレスとも直結してるそう。

肌荒れしないように、メンタルも気をつけた方が良いようです。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

-テレビ・映画など, 生活

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.