人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

アメリカ コラム 生活

生理のナプキンは夏が不快「かぶれ」や「蒸れ」:ディーバカップ(月経カップ)を1年間使ってみた感想、メリットとデメリット

更新日:

ディーバカップ初心者に読んでもらいたい

 

 

夏になるとナプキンが不快だった

 

 

ナプキンもどんどん進化して、超薄型になっているし、モレも少なくなってきてます。

でも、夏が来ると、とにかく不快でした。

汗もかくし、ニオイも気になるし、

ちゃんと替えてるのに蒸れるからか、お尻の方が痒くなったり・・・。

かぶれたりすると、本当に大変ですよね〜。

薬が効けば良いけど、塗っても汗で流れちゃったりするし。

 

それと、これは年中言えることだけど、

夜のモレって、どんなに気をつけていても、たまにありますよね。

朝起きた時のショックも大きいし、朝から忙しいし、会社(学校)で眠くなる・・・。

 

それを何とかしたくて使い始めたのが、

ディーバカップ

でした。

 

 

夏を快適に過ごせる

ディーバカップに変えて、とにかくナプキンから開放されたのが何よりでした!

ディーバカップだけだと不安なので、パンティライナーくらいは付けるのですが、

もう、あの、かゆみから開放されるし、

ニオイも篭もらないし、

汗をかいても問題ない!

と言うか、ナプキン付けてると通気性悪くないですか?!

ディーバカップだと、とにかく夏を快適に過ごせるのがマル!

 

 

ナプキンは体を冷やすの?

しかも、最近になって聞いた話なのですが、

ナプキンに使われてる材料は、

漂白剤などの化学物質が含まれているものが多く、

その化学物質が、体を冷やす原因や経皮毒になってるとのこと。

 

この説には賛否両論あるようですが、

最近は行き過ぎたコスト削減による中国製品の安全性を疑問視する人も多いですね。

先日は「足のニオイのする塩」が売られて、

中国のニュースにもなっていました。

だから、使い捨ての紙ナプキンが、

必ずしもいつも安全とは言えない可能性があります。

 

その点、ディーバカップなら、

とりあえず1回、安全なものを買ってしまえば、

その後はそこまで気を使わなくて済みます。

 

 

夜モレない?

 

(こちらは、アメリカでディーバカップと共に人気のブランドです)

 

ディーバカップは大体8時間くらいは保ちます。

それと、ディーバカップが一杯になったとしても、

カップの横からモレる程度なので、

そんなに急激にモレるようなことはありません。

 

でも、買ったら、最初はナプキン併用で使った方が安心かも知れません。

私は、オーガニックの布ナプキンを当てて使ってます。

モレたことは一度もないけど、

実は布ナプキンが暖かいので、冬の間は併用してました。

でも、多分夏も布ナプキン付けるかなぁ。

だって、紙ナプキン、やっぱり通気性良くないから・・・。

 

 

サイズはどうやって選ぶの?

基本的には、SとLの2種類があります。

出産経験者は、Lサイズ

未出産の方は、Sサイズ

と言われています。

私は出産したことないので、Sサイズを使ってます。

 

 

入れるの大変?

(こちらは私が買ったブランド)

そうなんです。

皆さん、よくブログで「慣れたらカンタンですよ」って言ってるじゃないですか?!

 

私は意外と苦労しました。

 

まず、説明書には

「4つに折りたたんで入れましょう」

と書いてありますが、

4つに折りたたんだって、結構デカイです。

これをどうやって入れるんじゃ?!

 

最初の2ヶ月は入れる度に、

「ありえん、ありえん」

と思ってました。

 

6つに折りたたんでみたら、何とか入りました。

「おー、入ったぁ、でも指の力が結構いるね」

そう、シリコンで出来てるから、弾力性が強くて、

6つ折を維持するのが大変、

しかも、

モレてきた!

折りたたみ過ぎて、中でカップの形に開かなかったんです。

 

結局3ヶ月目は使わず。。。

 

4ヶ月目に出張が入り、

布ナプキンを洗う時間があるか分からなかったので、

再挑戦。

 

コツは、

「4つ折りにしたヘリの部分を、斜め下から押し込む」

正攻法で攻めても入りませんので、

ヘリが入ったら、ちょっとグイッと指をタンポンのようにして入れ込む、というのかなぁ。。。

最初は、そのあまりに原始的なやり方にビックリするのですが、

だんだん、慣れてくると、

ヘリから徐々にゆっくり入れる方法が何となく分かってくると思います。

 

だから、最初からパッと入るとは思わない方が良いと思います。

慣れとコツは必要。

あと、どうしてもコレが必要なんだ、っていう切迫感?!

わたしも出張中にモレたりするの嫌だったし、

実は在米中なんですが、

アメリカのタンポンって使いづらいものばかりなんです。

だから、ディーバカップ頼りだったって言うのはありますね。

 

 

取り出すのはどう?

そうそう、それ!

取り出すのも、思ったより力が必要です。

とにかく引っ張ってください(トイレのボウルの上でね)。

少しずつ出てきたら、最後もう一踏ん張り?

「思ったより○○」

ディーバカップのあるある、だと思ってください(笑)。

 

 

デメリットは?

なんか、気にしすぎかも知れませんが、

自分のサイズが大きくなってしまった気がしました。

なので、実はヘビーな日の夜とか、布ナプキンだと困る時、など限定で使っています。

だから、1回のピリオド中に3〜4回使用って感じかな?

 

会社のトイレで使いづらい。

月経血を流して再度入れても良いの?

私は1回ごとに洗いたいタイプです。

でも、もしどうしても洗えない時は、

消毒用の濡れティッシュみたいなものが付属で付いてくるので、

それで周りを拭いて再度入れても良いようです。

でも・・・、正直、やってみると、指が赤くなってたりして恥ずかしい。

 

また、長時間入れてると、月経血をストップさせてる気がする。

なんか、そんな気がします。

だから、多い時こそ、4〜5時間で付け替えた方が良いと思います。

 

 

いろんな方法をミックスさせるのが一番

なので、紙ナプキンとタンポンを併用するように、

ディーバカップだけってやり方も良いと思うけど、

いろんな選択肢を持ってた方が、本人も安心できると思います。

ディーバカップ使うと、

トイレのゴミの量が激減します

だから、エコって気分にもなるし、

布ナプキンに興味あったら、

それはそれで、

月経中のゴミはなくなります(笑)。

そんな風に、ゴミだけでなく、

肌に触れるものだからこそ、

良い物を常に使いたい!

いろんな選択肢をもって、自分に合った使い方ができたら良いと思います。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

-アメリカ, コラム, 生活

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.