人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

コラム ロサンゼルス 生活

妊娠したかも?ノルレボ錠(モーニングアフターピル)を飲んだ感想@ロサンゼルスでは店頭で売られている

更新日:

いざと言う時のために

 

 

72時間後まで大丈夫と言うけど本当?

 

aoyonrahman / Pixabay

 

10年くらい前に、ニューヨークでモーニングアフターピルを買ったことがあります。

当時は、付き合ってた彼に買って来てと頼んだ所、

女性本人がID(身分証明書)を持って行かないと買えませんでした。

州ごとに法律が違うけれど、

久しぶりにグーグルでモーニングアフターピルって買えるのかなぁ?と調べたら、

カリフォルニア州では、なんと普通に誰でも買えるみたい。

ターゲットの薬局コーナーに行ったら2種類置いてありました。

 

 

アメリカのアマゾンでも売ってる

一応、アマゾンを調べたら、何種類か売ってます。

値段も定価より安く、20ドルくらいから売ってます。

私が39.99ドルで買ったブランドも24.49ドル。

ただ薬事法は各国によって違うため、アメリカ国外へ送付は出来ないと思います。

もし出来たとしても個人の責任で行ってください。

(注意:このブログでは、送付に関する一切の責任は取りません)

 

 

主要成分はLevonogetrel 1.5mg:ノルレボ錠

こちら一番有名なプランBの外箱です。

日本ではヤッペ法とノルレボ法のどちらかを使うようですが、

アメリカのモーニングアフターピルは、ほぼノルレボ錠オンリーって感じです。

箱に書いてある「Levonorgestrel」は、レボノルゲストレル(LNG)という黄体ホルモンです。

この黄体ホルモンにより、

① 排卵を抑制する

② 子宮内膜が厚くなるのを防ぎ受精卵が着床しにくくなる

上記2つの方法で、妊娠が起きにくくなるそうです。

 

 

ノルレボ錠は副作用が少ない

今回、服用してみました。

1.5mgの錠剤が1つだけです。

何か副作用が起きるかと思ってましたが、幸いにも何も起きませんでした。

考えられる副作用としては、頭痛、吐き気、眠くなる、倦怠感、ニキビなどホルモンバランスの崩れが原因のもの、などがあるそうです。

ちなみに、副作用の「吐き気」を抑えるためには、空腹時は避けた方が良いとの意見もあるので、何か軽く口にしてから服用すると良いでしょう。

 

 

早く服用した方が効果は高い

一応、72時間以内に飲めば、妊娠率は4.1%まで抑えることができます。

しかし、

12時間以内の服用で、0.5%の妊娠率に抑えられ、

24時間以内だと、1.5%

36時間以内で、1.8%

48時間以内、2.6%

60時間以内、3.1%

と、どんどんと妊娠確率が高くなっていくので、早めに飲むと効果が高いです。

ただ、12時間以内に服用しても、0.5%なのですね。

 

 

ノルレボ錠も100%ではない

ノルレボ錠は、排卵抑制と着床抑制の両面から妊娠を抑制します。

しかし、上記にも書きましたが、決して100%の避妊法ではありません。

 

例えば、

① 服用2時間以内に吐いてしまった(2時間後なら大丈夫)

② 服用直後の性行為

これらによって、避妊が失敗することがあります。

吐いてしまった場合には、再度、服用することができますが、体への負担も大きくなります。

できるだけ、1錠で済むように出来ると良いですね。

 

アメリカでは、簡単に入手できるモーニングアフターピル。

女性が自分の体を守る選択肢が増えること。

また、望まれない子供の妊娠を防ぐことができる、など利点のように思われますが、

10年前は、売買がもっと厳重だったことを考えると、やはりセンシティブな問題です。

(男性による悪用なども考えられます)

アメリカの避妊事情の一端を書きましたが、

(少子高齢化社会ではあるけれど)日本でも女性の避妊の権利について、

もう少し議論がなされても良いような気もします。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

-コラム, ロサンゼルス, 生活

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.