人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

テレビ・映画など 健康 生活

なめ味噌は「ひしお麹」で超〜簡単に作れる。夏の定番もろキューにも「金山寺みそ」のように使おう

投稿日:

今話題の発酵食品

市販の味噌は加熱処理されているので、完全な発酵食品ではありません

でも、このなめ味噌は麹と醤油だけで作る正真正銘の発酵食品

麹が発酵してあま〜くなるので、味噌田楽やもろキューなど、様々な食材にあう万能調味料です。

スポンサーリンク

 

腸内フローラを助ける発酵食品を手軽に作ろう

 

 

作り方は超簡単!とにかく混ぜれば良い

 

材料

ひしお麹

醤油

 

これだけです。

上記を混ぜて室温30度くらいのところに1週間おいておけば出来上がり。

 

では、もう少し詳しく説明しましょう。

 

1.ひしお麹を入手します

 

ひしお麹とは、豆麹と麦麹をいいバランスで混ぜ合わせたもの

アマゾンや楽天で簡単に入手できます。

値段は500グラムくらいで、800円ほどです。

 

 

 

 

2.写真の商品は1袋550グラム入りです

 

この1袋に対して、

醤油600cc

水 300cc

ひしお麹と醤油、水を、ウォッカや焼酎などで消毒した容器の中で良く混ぜます。

 

3.室温が30度程度の場所に置いておきます

 

4日後くらいから食べることができます。

もう少し発酵させると甘みが強くなります。

お好みの発酵具合になったら、冷蔵庫で保存してください。

 

 

甘い味噌はどんな物にも合う!

 

 

材料に醤油が結構入りますが、

出来上がりは「あま〜い味噌」です。

 

炊きたてのご飯に乗っけるだけでも美味しいし、

焼きおむすびに付けても美味しい。

 

また、

「味噌+みりん+砂糖」

で作るような田楽味噌のようなものは、このなめ味噌が十分甘いので代用できます。

 

もろキューだけでなく、

生のキャベツ、人参や大根の野菜スティックなどにも良く合います。

 

その他にも、味にコクや深みを出すので、

そうめんや、鍋料理のつゆに入れたり、

魚や肉を漬け込んでも美味しくなります。

 

この味噌にオリーブオイルとお酢を入れれば和風ドレッシングにもなります。

ドレッシングが切れてしまった時など試してみてください。

 

 

まとめ

 

本当に混ぜるだけで、超〜簡単に作れる「なめ味噌」(舐め味噌)。

麹で作る正真正銘の「発酵食品」です。

このお味噌とご飯だけで結構食べてしまいますが、

生野菜や茹でたお芋などに付けて食べれば、同時にオリゴ糖も摂取でき、便秘などに効果があります。

美味しいだけでなく、ヘルシーななめ味噌。

ぜひ、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

スポンサーリンク

-テレビ・映画など, 健康, 生活

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.