人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

アメリカ ロサンゼルス 生活

プリウス補機バッテリーを換えたら回生ブレーキの警告灯が付いてビックリ。でも、意外と素早く直った理由は・・・。

更新日:

2009年の20系プリウス。

中古で買って4年経ったから補機バッテリーを交換しました。

 

スポンサーリンク

 

 

エンジンを掛けたら回生ブレーキの警告灯が付いた!

 

2009年の20系プリウスに乗っています。

既に16万マイル(1マイル1.6キロなので、25万キロ超え)を走ってるプリウス。

3ヶ月ほど前に一度バッテリー上がりを起こし、ウントもスンとも言わないから超アセりました。

原因は補機バッテリー上がり。

 

プリウスにある2種類のバッテリーを搭載しています。

① 補機バッテリー:ガソリン車に搭載されているバッテリーと同じような働きをするバッテリー

② ハイブリッド用バッテリー:このバッテリーがあることにより走行距離が伸びる

 

今回は、補機バッテリー(12Vバッテリーとも言う)が2度目のバッテリー上がりを起こしたので、

バッテリー周りの警告灯は付いていませんでしたが、交換することにしました。

 

 

オプティマのバッテリーをオーダー

 

日本のイエローハットやオートバックスに相当するお店は、

カリフォルニアでは、AutozoneかPepboysなどです。

今回は、バッテリー上がりを起こした時、AAAを呼んだ時のおじさんがペップボーイの方がディーラーよりちょっと安いよ、

と言ってたので、ペップボーイのHPを物色。

 

幸運にも、25%オフのキャンペーン中で、190ドル程度の補機バッテリーがタックス込みで150ドル。

HPで注文し、どこのペップボーイでバッテリーを積んでもらうか選び、店頭でお支払を選択し、翌日指定したペップボーイへ。

うちの近くにレビューの良いペップボーイがあるのですが、生憎そこではバッテリーの在庫がなかったので、

少し遠いグレンデールのペップボーイまで行きました。

 

 

やってもらったのに警告灯!

 

グレンデールのペップボーイで1時間半くらい待ってたら、出来たよ、と連絡が来ました。

さて、乗ってみると、見慣れない警告灯が・・・。

ググってみると、回生ブレーキ/電子制御ブレーキ関連の警告灯で、すぐにディーラーに持って行ってください、とのこと。

すぐ、担当のメカニックに「こんなの付いてるけど」と言いました。

しかし、このメカニック「俺はブレーキ関係は全く触ってない、自分の責任じゃない」と一辺倒。

そして、夏の暑い日だったこともあり、私達も次の予定があるので、とりあえず今ブレーキが効いてるから、

しばらく様子を見ようと言うことに。

 

次の予定場所に行く途中、トヨタのディーラーがあるから聞いてみようと行ってみたら、

「調べるだけで135ドル掛かります」

と。

 

もうしばらく様子を見ようと言うことになり、用事を済ませ、帰宅。

ブレーキ周りも、今までと特に変わった様子もない。

 

 

翌日家の近くのペップボーイに調べてもらう

 

家でさんざんググったけど、

この警告灯が付く時は、

① ブレーキフルードが少ない時

② パーキングブレーキを掛けたままの時

③ ブレーキブースター系の異常

などの原因が考えられるそうですが、

やはり「警告灯のコード」を調べることで、原因を突き止めるのが先決とのこと。

 

でも、コードを調べるの、意外と高額なんです。

一番安いので20ドル、それで分からないと100ドルくらい、それでも分からない場合には200ドルくらい掛かる。

 

でも、とりあえず、支店は違えど同じペップボーイの店だし、クレームするだけしてみよう、と言うことになり、

ペップボーイ(イーストハリウッド店)に持っていくと、無料で点検してくれるとのこと!

さすが!

 

で、コードを調べたら、

 

「キャパシター コミュニケーション サーキット マルファンクション」

私が分かる言葉は、マルファンクションだけ、つまり、どっか問題があると言うこと。

何だか良く分からなかったが、「ディーラーに持っていくしかない」とのこと。

とりあえず、もう一度説明してみました。

「昨日、ペップボーイで補機バッテリー交換後、すぐに警告灯がついた。バッテリー交換したメカニックに質問したが、ブレーキは触ってないとしか答えない。正直、このメカニックは信用できないと思い、ここに持ってきた」と。

そしたら、イーストハリウッド店のメカニックが、バッテリーを確認してみよう!と言ってくれました。

 

 

バッテリーがきちんと接続されてなかった

 

はい、言葉通り、

いくつかコード接続する場所があるのですが、そのうちの一つが接続されていませんでした。

はい、信じられない初歩的なミスのようです。

一旦エンジンを消し、接続すると、2度とあの警告灯はつきませんでした(今のところ)。

 

でも「バッテリーがきちんと接続されてません」の警告灯があったら、

こんなに心配する必要なかったのに。。。

(すいません、そんな細部の警告灯付けてたらキリないですが)

 

それと、アメリカ仕事の適当さ加減と来たら!

 

いやぁ、あるんですよ〜、アメリカって日本人が考えてるより、ヤバイ社会人がいるんです。

アメリカ住んだことある人だったら遭遇してると思いますが、仕事が適当過ぎて怖い、って思うことありますよ。

良くも悪くも大らか(笑)。

特にここ、ロサンゼルスはね。

※ノースカリフォルニアであるサンフランシスコだと、もう少しマトモになります。

※もっと大きな差だと西海岸と東海岸。NYの人がLAピーポーを上から目線する理由も分かります。

 

 

まとめ

 

とにかく、大事に至らなくて、何よりも幸いでした。

警告灯の理由は、

① バッテリー接続されてなかったから(笑)

 

イーストハリウッドのペップボーイは、全て無料で調べてくれました。

一応、トヨタに持っていく金額を考えたらセーブマネーできたのでチップを渡しました。

 

まとめ2

腕の良いメカニックを知ってると、ロサンゼルスの車生活が快適になります。

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

 

スポンサーリンク

-アメリカ, ロサンゼルス, 生活

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.