人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

テレビ・映画など

マツコの知らない世界「ピアニスト」成功するのは1%未満?!清塚信也さんとショパン情報、大井健さん H ZETT Mさん 

更新日:

コウノドリで話題のピアニスト「清塚信也」さんをゲストにピアニストの世界を紹介

 

 

ピアノが最近注目されている

2017年に内田光子さんがグラミーのクラシック音楽部門で受賞しました。

また同じ2017年のオスカーで多くの賞を獲った映画「ラ・ラ・ランド」では、主役のライアン・ゴスリングがピアニストの役だったと言うこともあり、ピアノ熱がジワジワと広がっているようです。

 

清塚さんのプロフィール

東京出身

1982年11月13日生まれ

5歳でピアノを始め、1996年、第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会に出場、中学校の部で1位

 

ロシアの音楽院に2年間留学

国際ショパンコンクールインアジアの1位など、数々のコンクールで入賞している

最近ではコウノドリのピアノテーマで有名( 2018.4.追記)

のだめカンタービレの玉木宏のピアノ演奏シーンの吹き替え、映画「神童」の松山ケンイチのピアノ演奏シーン吹き替え及び講師役で出演など、メディアからも注目されている若手ピアニスト

 

厳しいお母さん

清塚さんのお母さんは、とても厳しかったそうです。

朝5時から練習をはじめ、ほぼ一日中ピアノを弾いていたようです。

お母さん語録としては、

「ピアニストにならないなら生きてなくていい」

「死んだらずっと寝ているんだから、今は寝なくていい」

姉と笑ってたら、「今笑うな、人生の後半で笑え」

などがあるようです。

清塚さんが「お母さんの厳しさが愛情から来ているものだ」と理解したのは、つい最近だったとのこと。

 

スポンサーリンク

 

ピアニストは食っていけない

音大を卒業しても、ピアニストとしてやっていける人は1%未満だそうです。

また、ピアニスト人口が多いわりには、ピアニストの席数が少ないとのこと。

例えば、バイオリンなどはオーケストラでも何席かあるが、ピアノは1席しかない(普通はピアノ席すらない)など。

結局、実力がある人が全部の仕事を取っていくと。

それに対し、マツコさんは「この業界もそうよ、一部の人が全部仕事持ってくんだから。私は細々と人のやらないことをかき集めてるだけ」とコメントしてました。

ピアニストとして成功するためには、「運」が非常に大切。

それに対し、マツコさんは「それとルックスね」と言ってました。

 

マツコさんが影響を受けた「革命」と「熱情」

80年代に、小泉今日子さん主演の「少女に何が起こったか」というドラマがありました。

マツコさんは、ドラマの中で主人公が弾くピアノコンクールの1次予選課題曲であるショパンの「革命のエチュード」そして、本選の課題曲、ベートーベンの「熱情」に影響を受けたと言ってました。

 

コンクールでは作曲者のバックグランドや歴史背景などが重要視される

コンクール受けする弾き方と、大衆が好きな弾き方は違うそうです。

例として、1曲目は、バッハの「主よ、人の望みの喜びを」を弾きました。

ポイントは音の強弱をつけるかつけないか。

バッハの時代は、まだピアノは発明されておらず、オルガンやチェンバロしかありませんでした。

オルガンやチェンバロは音の強弱がほとんどつかないため、作曲は「音の強弱」がない状態でされた、と考えられます。

よって音の強弱がほとんどない演奏の方が、よりバッハが目指したものに近いことになり、コンクール受け(玄人受け)するそうです。

 

2曲目は、ショパンの「別れの曲」でした。

ポイントは「力強く弾きすぎない」ことだそうです。

ショパンは体がとても弱く、失恋によって危篤に陥るような病弱な作曲家だったそうです。

なので、あまり力強く弾けなかったらしいです。

ショパンのフォルテは、普通のフォルテよりも「抑え気味」がよりショパンらしいそうです。

清塚さんがショパンの生誕地のポーランドでショパンを弾いたときも、「ショパンのフォルテをありがとう」と感謝されたとのこと。

 

また、やりすぎの演奏は「演歌」っぽいと評価を低くされてしまうことがあるそうです。

 

ショパン行きつけのお店(2018.4.追記)

清塚さんがアナザースカイに出演された時に紹介してくれたお店です。

「HONORATKA」→ HP

ポーランドにあるレストランで、1826年から創業しています。

ショパンが1810年生まれなので、彼が16歳の時から創業しているんですね。

ショパンはとても食にうるさい人だったそうで、自分の好きではない部分の鶏肉などが出てくると、

「僕は愛されてないんだね」

といって、部屋に閉じこもったりしてたそう・・・。

そんな偏食だから、体も弱かったんでしょう。

 

おすすめのピアニストを2人

清塚さんが、2人のおすすめピアニストを紹介してくれました。

1人目は、

「王子系ピアニスト、大井健さん」

13歳でロンドンのオーケストラと共演したほどの腕前。

彼は演奏家としてだけでなく、作曲もこなし、エクスペリアの携帯CMに出演。

彼が弾いていた「Voice ピアノバージョン」は、彼の作品とのこと。

 

2人目は、H ZETT M(エイチ ゼット エム)さん。

ピエロスタイルが有名で、いつも鼻を青くしています。

元々は、「東京事変」のキーボーディストだったとのこと。

彼が紡ぐジャズアレンジは、ピアノの可能性を限りなく引き出しており、またお洒落だし、人気が高いそうです。

 

最後はアドリブでメドレー

最後はマツコさんのリクエストも含め、清塚さんのアドリブによるメドレーで終わりました。

曲目は、

「ファミリーマートのメロディーチャーム」(稲田康さん作曲「大盛況」)

「戦場のメリークリスマス」

マイケルジャクソンの「スムーズクリミナル」

熊蜂の飛行

でメドレー演奏を披露してくれました。

 

確かにマツコさんの言うとおり、ピアノだけでなくルックスもステキだと、演奏がさらに素晴らしく聞こえるような気がします(笑)。

 

スポンサーリンク

-テレビ・映画など

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.