人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

コラム

(コラム)苦手な人、自信のないフリをするケチ

更新日:

苦手な人、いるんですよね。

スポンサーリンク

 

自信のないフリする人+ケチ(主に男性)

 

自信のないフリする人が苦手です。

本当に自信がない人は良いんですけど、フリをする人が苦手です。

確かにモテる感じのルックスではないかも知れません。

でも「イケてないルックスだけど金持ってる」的なモテる要素も持ち合わせているのに、わざと自分の敷居を低く設定してます。

「オレ、モテないじゃん?」みたいに聞いてくるけど、

「そんなことないよ、性格も良いし、やさしいし、ちゃんと仕事だってしてるし、全然大丈夫だよ」と言われたいのかなぁ?

または「うん、モテないね、でも、絶対、彼女見つかるよ」とか。

 

+ケチがキモ

でも、まぁ、自信のないフリをする人が敷居を低くしたい気持ちも分かります。

ただ、この+ケチってところがヤバいです。

こういう人は、もう既に女子に見切りをつけてます。

「女子にお金使ったって、自分が損するだけで振り向いてもらえることなんてない、一生独身じゃ」と達観してる人が多いです。

だから、結構40とか50とか、良い歳してるのに、

「気を使わせちゃいけないかな」と言う、常套の言い訳を引っ下げて、たまたま知り合った20代の女性とかにも「割り勘」を提案してきたりします。

あり得ます?!

しかも貧乏じゃないのに、あり得ますか?!

「普通のルックスの、普通のおっさん」で、そんなこと、あり得ますか?!

そりゃ、おっさんにだって20代の女子に「少しでも余裕を見せたい」「良く思われたい」という下心ありきで「お茶代」くらいはおごるでしょう。

決して、100%紳士だからでも何でもなく、「少しは格好つけたい」から割り勘はなしでしょう。

でも、今日のトピックの主役は、「女子にお金を使うことがバカらしい」と達観してるから、「200円のコーヒー」ですら割り勘だったりするんです。

 

達観と言う名のプライドのないおやじ

達観と言ったら聞こえが良いかも知れませんが、女子に対してのプライドがなくなってます。

女子からどんな痛手をうけた歴史があるか、どんなに傷ついたか、どれだけコンプレックスがあるか知りませんが、男も女も歳を重ねれば30歳も年下の、まだ社会に出て間もない、お金も大して持ってない若者相手に「割り勘」は、さすがにプライドがないとしか思えません。

自分だって若かったころ、いろんな先輩からおごってもらったじゃないですか?

年上とか年下とか気を使いすぎるのは日本の美徳であり欠点でもあるとは思いますが、「人生の先輩」と言うプライドは捨てないで欲しいです。

 

ポッチャリしてて女の子って感じ!

この言葉を100%信じてる、デブおやじが存在してます。

どっからみてもオヤジです。

でも「色が白いと七難隠す」は年増のおやじにも通用し、ぽっちゃりでも肌がキレイなだけで女子受けが増します。

そして、挙げ句、エスカレートし「女子力あげないと!」とか思い始めちゃうおやじもいるんです。

芸人さんでも、ちらほらいますよね、そういう方々。

女子力上げたり、お肌キレイにしたりするのは良いですが、+ケチだけにはならないで欲しいです。

まぁ、いつも一緒に遊んでるグループ内だったら割り勘でも良いけれど、初対面の20代にはおごってあげてください。

 

人生の先輩であれ

お金を大切にすると同時に、人間関係も大切にしたいなら、それなりの交際費というものも発生します。

もちろん、+ケチになったのも好き好んでやってるのではなく、本当にお金がないなら仕方ありません。

いくら人生の先輩でも借金してまでおごるのは病気です。

でも、たまにおごったりするのって気持ち良くないですか?

レジの前でごちゃごちゃやるより、スマートにサッとお会計した方が面倒くさくありません。

確かに「気を遣わせてしまう」かも知れませんが、そういう気遣いこそが人間関係を深めていくものだと思います。

そして、いつか先輩や後輩の垣根を越えて、信頼できる関係を築けることができたら、本当の意味で人生での出会いが生まれるのだと思います。

 

スポンサードリンク

-コラム

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.