人気のある話題のトピックを国内、海外から詳しく紹介!

人気のトピック

健康 食事

血管プラークダイエットで血管の詰まりをなくし血液サラサラを目指す

更新日:

血管プラークダイエットを始めて半年経ちました。

スポンサーリンク

キッカケは光視症

光視症になって1ヶ月ほど経った時、頭に激痛が走りました。何かがおでこ付近から頭頂にかけて動いているのが分かり、痛みは激辛わさびを鼻と目に直接ぶち込まれたような感覚でした。

 

時間的には1分弱だったと思いますが、激痛で息するのもできないくらいでした。

 

直感的に「血栓が脳ミソを通過したんだ」とい感覚でした。

 

その後、光視症の症状がパッタリ止みましたが、もし、あの時、血栓がそこで詰まってしまっていたら?と思うとゾッとしました。

 

それからウェブなどで血栓や脳梗塞に効く食事法などを調べ、真島ダイエットを始めることにしました。

 

基本は脂肪抜き

血管プラークダイエットの基本は、血管プラークの原因となる脂肪を徹底的に抜くことです。

 

摂取して良いのは、青魚の脂肪だけです。

 

健康に良いとされているアボカドやごま、オリーブオイルもNGで、えごまオイルやココナッツオイルも使えません。

 

だからポテトチップスもダメ(笑)。でも、脳梗塞を思うと自然と食べたくなくなりました。

 

ただお米は食べ放題だから、減量するダイエットよりは辛くなかったです。

 

お塩も減塩しなくて良いから、ご飯が美味しかったです。

 

今まで食べつけなかったお漬物やぬか漬けの美味しいこと、お味噌汁とご飯の食事が逆に新鮮でした。

 

戦前の粗食みたいだけど違いは?

塩分を気にしなくて良いけれど、これじゃ、戦前の粗食じゃないか?とふと疑問が湧きました。

 

だって、戦前は塩分の多い食事をしてたからこそ、脳梗塞(脳溢血)が多かったと聞きました。

 

特に東北地方では寒さの為か、塩分の多い食事が原因で脳梗塞→脳出血の間違いでした。(投稿者さんからのご指摘でミスが判明しました。ご指摘ありがとうございました!)が非常に多かったと言います。

 

だとしたら、この食事法は逆効果ではないのか?と。

 

違いは、コレステロール摂取量です。

 

戦前や東北地方でも魚があまり取れない地域は、食事の中のコレステロールが決定的に低かったそうです。

 

でも、コレステロールって悪者じゃない?

 

いいえ、コレステロールこそが血管を強く、しなやかにする働きがあるそうです。

 

最近の学説でも、悪玉コレステロールを含め、コレステロール自体は人間の体に悪くないと言ってる学者が増えました。

 

とは言え、何事も極端は良くないと思うので、コレステロールの塊みたいな食事は怖くてしてません(笑)。

 

学説なんて、常に変化していくものですし。

 

だから血管プラークの原因である「不明な油」はとりあえず摂取を控え、コレステロールの豊富な卵やイカ、エビなどはタンパク質も豊富なので積極的に摂るようにしました。

 

半年経って変化は?

最初は、とにかく便秘になりました。

 

油が足りないから、ひどい便秘です。

 

真面目にやっている人には申し訳ないのですが、私は高血圧でもありませんし、コレステロール値が高い訳でもないので、病院に言っても血栓を調べる検査をしてもらえません、そのくらい、血栓や脳梗塞には縁がない、と医者からは思われています。

 

だからと言ってはなんですが、1週間に1度くらいは、少し油のある食事をするようにしました。

 

すると、あっけないくらいに便秘が治りました。

 

また、血管プラークダイエットでは、EPA製剤である「エパデール」を飲むことが推奨されています。(DHAではなくEPAだけ)

 

この製剤を飲むことで便秘が解消されるとも言われていますが、安くないので、まだ買っていませんし、試してもいません。

 

もしEPA製剤だけで便秘が解消されるなら、油の多い食事も止めたいと思います。

 

バセドウ病の寛解、白血球数の安定

以前から軽いバセドウ病を発症していました。薬の副作用で白血球が減少しやすいのと、軽症だったこともあり、1日1錠のメルカゾールしか飲んでいませんでした。

 

1年くらい薬を服用しても治らなかったバセドウ病の数値が真島ダイエットを初めて3ヶ月くらいで数値が正常値まで下がりました。

 

しかも、幼稚園くらいからずっと白血球が少なめの体質だったのに、バセドウ病の検診で毎月白血球数も測定していますが、その数が正常値の中くらいのところまで上がってきました。

 

バセドウ病だと白血球が少なくなるという報告もありますが、私の場合はバセドウ病以前からの体質だったので、一生白血球は低いままだと思っていたので嬉しいです。

 

このまま、2つとも数値が安定してくれればと思っています。

 

私には嬉しい結果の真島ダイエットでした

アメリカ在住のため、血液プラークの検査などを受けることはできませんでしたが(高額な医療保険に入ってたら調べてもらえたかも知れませんが)、個人的には効果があったのでこれからも続けていこうと思ってます。

 

先日、アメリカ製ですがEPA製剤も買ってみたので、これで血栓も少なくなってくれたらと思います。

 

それと、脂肪たっぷりのリブロースステーキなどに興味がなくなり、高額なお肉を買わなくて済んでいる分、食費も少なくなってきました。

 

最近では、わりと自由な食事もしているのでストレスもなかったです。

 

ただ、血液プラークがガッツリあって、本当に厳格なダイエットが必要な人には、慣れるまで辛そうだなぁと感じます。

 

でも、重症の場合は是非、九州の真島先生のところまで通って、個人的なアドバイスをいただくことをおすすめします。

 

あと、便秘克服できるかどうかが続けられるかどうかの鍵だと思います。

 

EPA製剤を飲んでみたりして、また新たな発見がありましたらブログに書いてみたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

スポンサードリンク

-健康, 食事

Copyright© 人気のトピック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.